金属製品が再び綺麗に輝く!正しい酸洗いの方法について

酸洗いを行う目的と製品の品質保持

金属製品は高温や衝撃などの刺激を受け続けると汚れやサビなどの不具合が生じることがあります。金属製品の不具合は放置すると劣化が進む原因になるので、速やかに状態の改善を図ることが長持ちさせるための心得です。金属製品の汚れやサビの除去は酸性の薬剤を使った酸洗いが一般的な方法です。金属製品を腐食させない程度の酸を含んだ薬剤によって表面の不具合を取り除くのが酸洗いの手順ですが、ブラシやヘラなどで取り除く方法と比較して傷がつかないメリットがあります。また、薬剤による汚れの除去は短時間で済むことが多く、余計な手間がかからないので業務の効率化を図ることが出来ます。金属製品の表面に付いた汚れやサビを均一に除去できるので滑らかな仕上がりになるのも酸洗いの大きな特徴です。その一方で製品の材質によっては酸に反応して変色や劣化に見舞われることがあるので、作業前の確認を入念に行う必要があります。

安全に作業を行うための心得

酸洗いを行うと、薬剤が金属に反応して有害な蒸気が発生することがあります。蒸気を吸引すると重大な健康被害に見舞われる可能性があるので、作業を行う際は十分な換気を行うことが大切です。また、蒸気を吸い込まないようにマスクを使用するのが効果的な安全策になります。蒸気以外にも酸洗い用の薬剤は火傷や炎症などの疾患を引き起こすことから、肌が露出しない専用の作業服を着用する必要があります。
酸洗いの作業を安全に行うためには作業場を整頓して空気の流れを良い状態に保ち、薬剤に触れないように細心の注意を払うことが重要なポイントです。

酸洗いとは、お酢を使って汚れを落とす方法です。たとえば、10円銅貨の汚れも、お酢を用いることで綺麗に落とせてピカピカにできます。