逃げてばかりはいられない!?そろそろ真剣に考えよう!あなたの代で「墓じまい」

ご存知でしたか?「墓じまい」

「墓じまい」という言葉を耳にする機会も、次第に多くなりはじめた昨今です。墓じまいとは正に読んで字のごとし、お墓を終わらせること。終わらせると言っても、そのまま放置するわけではありません。お墓から葬られている遺骨を丁寧に集め、永代供養の集合墓地などに納めたり、散骨などをおこないます。それ以外でも、たとえば遠方の墓地から自宅近辺の霊園へお墓を引っ越すことも、この墓じまいに含まれるのです。正式には改葬という呼び方をする墓じまいですが、お墓を引っ越す際には墓石なども然るべき供養をおこなってから始末してもらえます。

どんなときに必要ですか?

先祖代々のお墓を既に所有していて、自分が他界したときにはそこに入るとします。しかし、少子化が進んでいる世の中なので、自分のお墓の管理をしてくれる子孫がいるとは限りませんよね?そのような場合、お墓は誰にも手入れをされぬ、まま荒れてしまうことにもなりかねません。そのような状況を回避するために、自分たちの代で墓じまいをおこない、先祖へのけじめをつけようと考えるかたが増えているわけなのです。

どうすればいいの?具体的な流れ

墓じまいをおこなう際には、まずは改葬先を決定することから始まります。また、現在のお墓の管理者や改葬先の墓地の管理者からの書類などを揃える必要があるのです。そして実際に遺骨を取り出してから、僧侶などに供養してもらうことになります。改葬先に遺骨を納めてからも同様に、僧侶の手により法要が執りおこなわれます。このような墓じまいの作業や手続きを代行してくれる業者があるので、そうした専門家に依頼するのもひとつの選択ですね。

墓じまいとは、お墓を守る人がいないなどの理由でお墓を撤去することです。少子高齢化により増えてきています。