災害に備えて、事前に燃料の確保を考えましょう!

BCPとはどんな考え方?

BCP(Business Continuity Plan)とは、事業継続計画の事を言います。事前に燃料の確保や貯蔵をしておき、災害時に事業を中断させないように計画を策定し、実施する事を言います。近年、大震災などが多発してますので、その対策として頻繁に使われるようになって来ました。海外では、テロやサイバー攻撃に対する対策としても使われる言葉です。災害や事故・不祥事なども含めて、自治体や企業は運営や営業に差し支えないように、ダメージを最小限にとどめなければいけません。今回は、災害時の燃料確保や貯蔵について見ていきましょう。

災害時の燃料の確保はどうする?

大震災などの災害が起こった場合、交通のマヒなどにより、燃料の輸送が難しくなります。石油やガスが停止してしまうと、自動車のガソリンの確保が難しく、交通の便が悪くなります。重油や灯油の不足により、給湯ボイラーや暖房の使用も出来なくなりますので、施設の営業や生活に多大な損害を与えます。国で、燃料の確保・貯蔵施設の整備は行われていますが、深刻なダメージを受けた地域から優先的に配給されるため、自分が住む地域は後回しになる可能性があります。そこで、民間事業者による、燃料の貯蔵サービスという方法が増えています。あらかじめ、民間事業者と企業や個人が燃料貯蔵の契約をしておき、有事に契約通り、燃料を受け取れるというサービスです。そうする事によって、企業は普段通り燃料を使用する事ができ、通常の営業が出来るという利点があります。

BCP対策とは、地震などの自然災害の際に、企業の運営が滞らないようにする対策のことです。さらに、機能を複数拠点に分散することも対策のひとつとして考えられています。