照明を変えると暮らしも変わる!?LED照明を正しく使おう!

LED照明を住宅で使用する際の注意点について

LED照明は消費電力量が少なく、明度も高いので維持コストを低く抑えながら室内を明るく照らすことが出来ます。また、使用中は発熱しにくいので安全に使えるのもLED照明のメリットです。長期間の維持費は従来の蛍光灯照明よりも低いため、近年では住宅でもLED照明に交換する世帯が増加しています。その一方でLED照明は長時間使い続ける用途で作られているので、頻繁にスイッチの切り替えを行う場所には不向きです。また、LED照明は光が拡散しにくいので高所から特定の場所を照らすのに適している反面、広い部屋では十分に明るく照らすことが出来ない点を注意する必要があります。LED照明は衝撃に弱いので、取り扱いは丁寧に行うのが長持ちさせるための心得になります。

住宅でLED照明を効果的に使う工夫

住宅でLED照明を使う際は特性を正しく理解するのが室内を明るく照らすための条件です。LED照明は紫外線を放出しないので屋外で使用しても虫が集まらない特徴があります。門灯やガレージ用の照明など夜間での使用に最適ですが、屋外で使う際は防水加工が施されている設備に取り付けるのが安全性を保つための心得です。また、同じLED照明でも極端に安価な製品は耐久性が低下している粗悪品の可能性があるので避けます。築年数が長い住宅によっては照明設備がLED照明に対応していないことが多いので、場合によっては大掛かりなリフォーム工事が必要になります。そのため、単に明るく維持コストが低いだけの理由で安易にLED照明を使うのではなく、利用目的や環境を考慮して従来の蛍光灯照明と使い分けることが大切です。

LEDライトパネルとは、LEDライトを内側に入れることで、画面部分を明るく光らせることができるパネルのことです。