美容整形をしてみたいけど、どんな整形方法があるのかが分からない!

プチ整形とメスを使った整形

整形には、大きく分けてメスを使用せずに行ういわゆるプチ整形と、メスを使用して行う整形があります。プチ整形とは、糸を使って目を二重にする埋没法や、ヒアルロン酸を注入して鼻筋を通したり、鼻を高くしたりするヒアルロン酸注射などが挙げられます。また、ボトックスを注入して筋肉の発達を抑制して、エラを目立たなくさせるボトックス注射という施術方法もあるのです。

プチ整形の良い点は価格が安いことと、ダウンタイム期間(痛みや腫れが出る期間のこと)が短いことなどがあります。価格が安いため、手軽に行いやすいです。またダウンタイム期間が短いため、メスを使用する整形に比べると周囲にバレるリスクが少ないです。そのかわり、元のパーツの状態によっては効果を得にくい場合があります。施術効果を持続させるために、定期的に整形を行わなくてはいけないというリスクも存在します。

メスを使用して行う整形は、プチ整形よりも幅広い施術効果を得ることが可能です。目の整形方法1つとっても、二重の幅を広く取ることが出来たり、目の縦幅や横幅を変えることが出来たりします。デザイン性の自由度がメスを使用して行う整形の良い点だといえるでしょう。また、効果の持続期間も長いというメリットがあります。ただしダウンタイム期間が長いことや、やり過ぎてしまうと施術によっては修正が難しいというリスクが出てきます。

どちらの施術方法が自分に合っているのかを考える

プチ整形とメスを使用した整形には、それぞれ一長一短あります。どのような効果を得たいのか、予算はいくらなのかなど、どちらがより自分に合っているのかをしっかりと考えてから行うと良いでしょう。そして、カウンセリング時にきちんと相談することも大切です。

処女膜の再生手術は膣内に外科手術を施します。体への負担が大きい行為なので、事前の検査を入念に行ったうえで安全な環境が維持出来る医療施設を選ぶことが大切です。