値段も手ごろで簡単で便利!フックの活用方法

整理整頓もバッチリ!使いやすいキッチンにする

キッチンは自宅全体の中でも最も頻繁に使う場所。毎日キッチンに立って料理をする人にとっては、たくさんの物を収納したい場所であると同時に、できれば毎日すっきりと片付いたキッチンを保ちたい!という気持ちがあるのではないかと思います。

100円ショップなどでも簡単に手に入るフックがあれば、あまり収納スペースのない小さなキッチンでも、上手に整理整頓をすることができます。例えば、シンク下の戸棚の扉にフックを取り付け、食器用布巾をかけたり、ちょっとしたゴミ用のビニール袋をかけるスペースが作れます。また、コンロ横の壁にネットを立てかけ、そこにフックをいくつか取り付けます。そこにしゃもじや菜箸など、頻繁に使う調理器具を引っかけておくことができます。

フックを活用して清潔なお風呂場にする

特にジメジメした夏場など、湿気の多いお風呂場を清潔に保つのは簡単ではありませんよね。シャンプーボトルや石鹸ケースを直接床や台の上に置いている人も多いかもしれませんが、お風呂場に残った石鹸かすや皮脂がボトルの下に残っていると、水アカやカビが発生しやすくなってしまいます。吸盤の付いたフックを2つ壁に貼り付けて、ワイヤーバスケットなどを引っかけ、そこにシャンプーボトルやスポンジを置いておけば、こういった悩みからも解放されます。また、床の上には何も置かれなくなるので見た目もすっきりしますし、日ごろのバスルームの床掃除もしやすくなるので一石三鳥のアイデアだと思います。

収納をする際にフックを利用することで簡単に片付けができるようになります。しまうのではなく見せる収納ができます。