ネームタグを簡単に自作するには?市販の物を上手に使う

綿やリネンの布帛テープを使う

ネームタグを自作するのには、最も簡単な方法が2cm以上の幅広の布帛テープを購入し、名前を書いて付けることです。綿やリネンであれば、繰り返しの洗濯にも強いです。名前を書くのであれば、油性ペン等を使うと水で濡れても落ちてしまうことがないでしょう。凝りたいのであれば、文字スタンプやインク台を購入してテープに押すと良いでしょう。インクは衣料用の耐水性のある物を使いましょう。アルファベットやひらがな、カタカナの文字スタンプであれば、文具店や雑貨店で市販されている物が便利でしょう。得意な方であれば、名前を刺しゅうで入れるのも洒落ています。字体の図案は書籍などに記載されている物を利用するといいでしょう。手縫いやミシン縫いで付けてもいいですが、自信がないのであれば、布用接着剤や、アイロンで貼り付けるタイプの接着テープを使うと手軽に付けられるでしょう。

凝ったデザインのネームタグを作りたいのなら

パソコンとプリンターやスキャナー、ラベル用紙を使って、凝ったデザインのネームタグを作ることも可能です。手描きの場合は、デザイン画をスキャナーでパソコンに取り込みましょう。著作権フリーで無料使用が可能なら、ソフトのメーカーで公開されている、名札用のテンプレートを利用しても構いません。ラベル用紙メーカーで提供されている作成ソフトの中に揃っていることもあります。印刷をするのに、様々なタイプのラベル用紙があるので、用途に合わせて利用すると良いでしょう。シールタイプの用紙があれば、そのまま貼り付けることも可能ですし、タグ用のケースの中の紙に貼り付けて使うこともできます。布や紙、木製の物や金属等に印刷物を転写できるタイプの用紙もあるので、とても便利です。

ネームタグとは、識別をするために付ける名前の書かれたタグのことです。集団生活する際に他の人との区別のために付けたり旅行の時紛失防止のために付けたりします。