住宅フランチャイズとは何?そのメリットをとことん知ろう

住宅フランチャイズとはどんなもの?

注文住宅の建設では、スケールメリットの大きなハウスメーカーと地域に根付いた工務店とによるものがあります。その両方の利点を持つものが、住宅フランチャイズとなります。ハウスメーカーに相当する本部と工務店がフランチャイズ契約を結ぶことで、施主は様々なメリットを享受できるようになります。

住宅フランチャイズのメリットとは?

ハウスメーカーの持つメリットは、大量生産することにより建材を自社生産してコストを抑えられることにあります。これを工務店に提供するのが、住宅フランチャイズです。使用する建材を規格化することで、その生産コストを抑えることができます。工務店は材料を安く調達できるので、施工費用も安く提供できます。つまり施主はハウスメーカーのような安い単価で、工務店に注文住宅を頼むことがでるわけです。

工務店が持つメリットとは

では何故工務店とフランチャイズ契約を結ぶと、施主はメリットを得られるのでしょうか。それは住宅というものは、それぞれの地域に応じて設計や施工を合わせる必要があるからです。ハウスメーカーの住宅は規格化されるために、地域ごとに設計を変えるといったことは難しくなります。その点、工務店は用意された材料を使って、それぞれの地域に適した設計ができるというわけです。また工務店にとっても、本部を通して住宅建設におけるトレンドを把握したり、新たな工法などの情報も得られるようになります。それを顧客である施主の希望を叶えるために活用できます。また本部を通して宣伝活動もできるので、その費用を抑えて施工費用をさらに安くすることが可能です。

住宅のフランチャイズとは、ハウスメーカーと地域の工務店が協働し、商品開発、材料の一括仕入れ、広告・宣伝などのハウスメーカーの強みと、地域密着サービスを提供する工務店の強みを一つにしたシステムです。