ビジネス英語を習得するには学校英語ではなく生の英語に触れることです!

学校英語と実際の英語とは隔離がある

ビジネス英語を習得するためには、学校英語とは異なる勉強をする必要があります。なぜなら学校英語と実際の英語とには大きな隔たりがあるからです。学校で覚えた英語を英語ネイティブの人に言っても伝わらないケースがあるのです。ここでは具体的な事例を紹介していきながら解決方法も提示していきます。学校で教えられる使役動詞の1つにLetがあります。「私に~させてください」という丁寧表現として「Let me ~」というイディオムを中学校の段階で勉強します。たとえば、「ラジオをつけさせてください」はLet me turn on the radio.です。しかしながら、これは実際の英語においては決して丁寧表現ではありません。英語ネイティブは不快に感じるケースがほとんどです。なぜなら「Let me ~」は相手に有無を言わさないニュアンスがあるからです。そのため、失礼な表現になることがあります。Would you mind if I turn on the radio?が適切な表現になります。

生の英語に触れることが大切

学校英語とビジネス英語には大きな隔たりがあるので、いくら学校で勉強をしても英語運用能力が高まることはありません。ビジネス英語力を培いたいのであれば、英語ネイティブが在籍している英会話スクールに通うことです。英会話スクールで英語ネイティブと実際に話す機会を設けることで生の英語に触れることができます。また、英語で書かれたビジネス関係の書籍をたくさん読んでインプット量を増やすことも重要です。このような勉強をすることでしっかりとビジネス英語を習得できます。

ビジネス英語は、学校教育で習う英語とはいささか趣が違います。実用重視のため、英語が得意だった人でも新しい発見があるでしょう。